本廣寺住職 寡聞の文

活動報告や行事案内、よしなしごとからよしアリごとまで

本廣寺住職 寡聞の文 イメージ画像

雑記

二回目になるオンライン法要をお勤めしました。前回は実際にお寺に参拝された方と遠方の方がタブレットを通じて繋がりましたが参拝者なしでWeb会議アプリのZoomを使って行う形は初めてです。工事を入れてWi-Fiの電波を盤石にし、入念にリハーサルも行って準備万端です。今回
『再びのオンライン法要』の画像

有難い事に同級生が厄除けのお参りに来てくれました。厄年というのは一般的に肉体的変化や社会的役割の変化がある時期なので注意が必要とされます。また運勢の衰退する時期という事や自覚のあるなしを問わず人生で積んできた悪いものが災いとなって現れやすい時期とも考えら
『厄除け』の画像

お檀家さんから樒(しきみ)をたくさんご供養頂きました。毎年年末にお供えの樒を頂戴しております。今年は私がご自宅に伺って預かる事になっていたのですが私、人生初の四十肩。という状況で、それを知ったお檀家さんが「肩痛かったら無理やろ」とお寺まで持ってきて下さい
『樒のご供養を頂戴しました』の画像

あるご夫婦の永代供養の生前申し込みをお受けしました。奥様のご実家がお檀家さんだったご縁から当山をお選び頂いて有難い事です。いつもこまめにお参り頂き、ご供養やご祈願をされたりまた、暑い時には体調を気遣って飲み物のお供養を下さったり大変お世話になっています。
『初心に戻る』の画像

前回記事疫病を通して考える1疫病を通して考える2日蓮聖人は「病によりて道心はをこり候」と病気になる事がきっかけとなって仏道への求道心が起こると仰っています。病がきっかけとなり自分の心に目を向け尊い道を志す事は多くあります。今回のコロナウイルスの蔓延により

↑このページのトップヘ