本廣寺住職 寡聞の文

活動報告や行事案内、よしなしごとからよしアリごとまで

本廣寺住職 寡聞の文 イメージ画像

雑記

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。瞬く間に三が日が過ぎ、寒風吹きすさぶ中のお札配りも終えて、何とか正月を乗り越えたなという感じです。今年は帰省された方が多かったですね。ご参拝の皆様も去年はお見えでなかった顔ぶれが揃ってる事が多く、嬉しくなります。我が家

お盆の棚経にまわっております。お檀家さんが変わらずお元気そうだと良かったなあと安心するのですが、それ以外にも小さなお子さんの成長が見られた時などは心が和みます。あまり大人に慣れていなかった子が、今年は張り切って「こっち!(`・ω・´)」とお部屋に案内してくれた
『笑顔のお布施』の画像

今年は日蓮聖人ご降誕800年の年です。記念事業が数々行われているのですが、いま銀座の歌舞伎座では市川猿之助さん主演で歌舞伎『日蓮』が公演中です。といっても28日までなのですが、ネットの感想などを見ても好評の様子です。雑誌penのオンライン版でも紹介されていま

関連記事朝ドラに見るいのちの肯定生命は仏教に見るいのちの肯定仏教に見るいのちの肯定 多様性についていのちの肯定、多様性についての記事は今回で終わりです。前回記事で、多様性は認められているけれども仏になる事を目指すべき事を書きました。いかに成長し仏になるか

関連記事朝ドラに見るいのちの肯定生命は仏教に見るいのちの肯定仏教における多様性についての考え方は法華経に出てくる三草二木(さんそうにもく)の譬えにその一端が見られます。三草二木の譬えですが、草に大中小、木に大小という具合に種類や大きさに違いはあっても、そ

↑このページのトップヘ