新宮市役所庁舎別館で行われたシンポジウムに行ってきました。

残念ながら法務の都合で基調講演に間に合いませんで、途中からの参加になりました。無念。

かなり賑わっていましたね。安芸高田市神楽だったかな?
ものすごい迫力で盛り上がりました。
kagura

その後はパネルディスカッションで歴史を活かした街づくりについて。

水野モニカベロイター様の海外の視点による当地の見え方、評価は新鮮でした。

Airbnbで和歌山が訪れるべき町として9位にランクインしている事や、新宮がホスピタリティで評価されているというお話も非常に興味深く伺いました。

水野家宗家の水野勝之氏の「建物があるだけでは文化は育まれない、人の交流あってこそ」、「(こうした取り組みを)一度やってまたすぐ忘れるのではなく、継続する必要がある」といったお言葉が印象深かったです。


パネルディスカッション
写真掲載問題ありましたらご連絡下さい。


終了後は交流会に参加しました。

普段接点のない方から色々なお話、水野家に関わるお話が伺えて非常に有意義でした。活躍されてる方はお話が面白いですねーあやかりたい。

そして昨日お参り下さったドイツの皆様方が私のところにやって来て、法要での体験が素晴らしかった、言葉にできない感動があった、等、とても有難いお礼を言って下さいまして、メチャメチャ恐縮したんですがそう言って貰えた事に感激しました。

私の願望によって都合よく英語を聞き間違えたわけでない事を祈ります(笑)

ドイツといえば厳格で敬虔なキリスト教信仰をお持ちのはずですが、きっとそれとはまた別に異文化への理解やリスペクトがあるんですね。

そういう感激を素直に心を開いて伝えて下さる人間性を尊敬します。

こちらも感謝と感激を伝えたかったのですが、私、ビックリする程英語が出てこなくてアワアワって感じでして、恥ずかしい限りです。

あの義務教育は何だったのだろうか

しかし言葉も通じない同士であっても、何かしらの印象や感動を与えるというのは儀式の力ですね。

法要儀式は、信仰を表現する為の芸術のような面もありますので、それが人に与える力ってあるんだなあと改めて勉強させて頂きました。

より一層精進したいと思います。

他にもお世話になった方にご挨拶できて有難い会でした。