御朱印集めがブームとなって久しく、当山にも日本各地からお参りの方がいらっしゃいます。
今日は鳥取からお越し下さった方がおられました。
こちらの方は総本山である身延山で初めてご首題帳(日蓮宗専用の御朱印帳)をお求めになり、一つの都道府県につき一ヶ寺ご首題(御朱印)を頂いて回られる予定だそうです。これは楽しそう。

そんな方にお参り頂けるというのはすごい縁だなあと思うと共に、今まではご縁がなかった方とも縁が出来る御朱印ブームというのはいいものだなあと思いました。
ところでこの方、驚いた事にお土産を下さりました。
その名もふろしきまんじゅう
ふろしきまんじゅう


おいしいので全国に広めようと思っておられるとの事。
お参りしつつ布教活動もされているわけですね(笑)


有難くご本尊にお供えさせて頂きました。
このように皆様からのお心遣いによって日本各地の珍しいものをお供えさせて頂けて、ご本尊も喜んで下さってるんじゃないかと思います。有難い限りです。

夕食後、そのおさがりを頂戴しました。
餡には和三盆と黒糖を使っているそうで、コクもありつつサッパリした甘さでおいしく頂きました。
焼くか蒸すか揚げるかすると更においしく頂けるようです。
あんまりご覧になっている人のいないこのブログですが、ささやかに宣伝協力させて頂きました。

その後、延期になった花火大会前の初精霊の供養のお経に新宮仏教会の奉仕で夜7時から河原に伺いました。
お盆も明けて帰省や旅行の人も少なかったのでしょう、見物客は例年よりさみしい感じでした。人口減少のシビアな現実を見た思いです。
しかし花火も灯篭流しも美しかった。
ドローンなど新しい試みもあったようですし、与えられた環境を嘆くのではなく、行動して好転改善していく意志のようなものを勝手に感じ、私も頑張らないとと思いました。という小学生の感想のような終わり方になってしまいました。