今年もお盆を迎えました。
ご先祖様が帰って来られるお盆ですが、棚経に回るお坊さんはご先祖様と行き違いであの世に逝ってしまうんじゃないかという、体力的にきつくなる時期です(((( ;゚д゚)))
私も棚経に伺ったお檀家さんの家でもお寺に帰ってからも頑張ってお経を差し上げ供養させて頂いてます。

でもお檀家さんの話を聞くと、遠方から帰省された方、それを迎える方、そもそも休みがないという方。。。
みんなそれぞれ大変だなあと頭が下がる思いです。
お疲れ様です。

ところでお盆の期間はというと、8月13日から16日。
東京などいくつかの地域では7月13日から16日まで、というのが一般的です。
明治に改められた新暦に則れば本来は7月盆なのですが、それだと農作業に忙しい時期なので結局旧暦と同じ時期の8月に行っている、という事だそうで、ほとんどの地域は8月にお盆の行事が行われています。

私たちの住む地域のお盆は・・・
初盆の方は7日からお祀りして(初盆でなければ13日からお祀り)、15日に川や海へ送りに行く。
お供えするお膳のメニューがあったり、あとは初盆のおうちは石碑灯篭(写真)を作るといった感じで多少変わったものがあります。
sekihi

ところでお盆のお祀りについて皆さん「ちゃんとお祀りしたい」という思いがあるので色々ご質問を頂くものでして、有難いなあと思います。

お祀りの仕方は生きていた時と同じように一生懸命心を尽くす。
家族みんなでお題目をお唱えする。
という事を心がければ後は出来る範囲で良いと思いますが、
そうは言っても心を尽くそうと思うと形やマナーを大事にするという事になるので、気になるんですよね。
仏様、ご先祖への感謝と畏敬の念を忘れず、それぞれの地域、それぞれの家庭で受け継がれてきた事を大事にしたいものです。



お知らせ

16日午後1時より、本廣寺本堂にてお施餓鬼(せがき)がございます。

ご先祖だけでなく全ての霊、餓鬼など一切の者への供養をする事で大きな功徳がある。
それがご先祖や私たちにとって大きな供養になるという法要です。どなたでも参加頂けます。本堂内で受付がございます。

法話はお墓参りについてです。
お話を聞いて下さった方が一層気持ち良くお参り出来るようになればと思います。

その前に台風が気になりますね
16日には台風は過ぎ去っていると思いますが、ともあれ明日はお気をつけてお過ごしください。