来る7月27日は土用の丑の日です。
本廣寺におきまして、ほうろく灸祈祷を行います。
どなたでも参加可能ですので是非お越しください


日本では夏の土用の丑の日には伝統的に様々な暑気払いが行われてきました。

ほうろく灸祈祷もその一つで、日蓮宗に伝わる独特の祈祷法をもって行います。
毎年ニュースで紹介されてますからご存じの方も多いと思いますが、
もぐさのお灸をのせたほうろく皿を頭のてっぺんに当ててご祈祷を受けて頂くものです。
ほうろく



本廣寺では暑気払い(夏バテ防止)だけでなく、
万病封じ、お子様の癇封じのご祈祷もあわせて行っています。

お灸と言ってもお皿の上にのせますから熱くないですし、
自分でお皿を頭に当てたり浮かせたり調整できますから
お子様でも心配ありません

頭のてっぺんには百会(ひゃくえ)というツボがあって、これを温めると自律神経を整え、内臓や血流の改善が期待できるといわれています。

頭痛、抜け毛、不眠、耳鳴り、目まい、鼻づまり、肩こり、高血圧、胃腸、痔など、様々な不調を整えるんだそうです。

そういう効果もあってか、ご祈祷を受けた後には
「スッとした」
とおっしゃる方が多いですね



受付は朱色のお堂の中で行っています。
お渡しする申し込み用紙に氏名、祈願内容を書き入れて頂き、
大人3000円 子供2500円をお供え下さい。
祈願内容に応じたお札とお守りをお渡しして、ご祈祷を受けて頂きます。


ご祈祷は1日限りですが、8座行っています。
午前は8時、9時、10時、11時、12時。
午後は1時、2時、3時。
それぞれちょうどに開始します。


10分前くらいには来ておいて頂くと受付などスムーズにご案内できます。


お寺のホームページでもご案内しております。